ブログ

岡崎市でサルサレッスン・サルサパーティー|コネクション サルサのブログはこちらをご覧ください。

レッスンの考え方

レッスンの考え方

サルサレッスンの考え方をお伝えします。

私はスポーツクラブでサルサに出会いました。
ベーシックすら始めは踏めない、ダンスの落ちこぼれの様な感じでした。
初めて行ったサルサクラブでは、曲のスピードについて行くためにステップに気を取られて、クロスボディーリードすらできない状態で、一曲どころか、1分で撃沈!

それから、いろいろなレッスンに行き、少しづつ成長してきて、簡単なものはできるようになってきた。
でもレッスンでは、毎回いろいろな技(ルーティーン)を教えてもらうけど、数時間後にはうまくできなくて、あきらめる事が多く、やっぱりスムーズにできる簡単なものだけで、終わってしまい、ちょっとむつかしいことをやろうとすると、曲に合わなくなったり、無理したりという繰り返しでした。

それからも、いろいろなサルサレッスン(ケンジ先生・キミエ先生がメイン)を受け、めげずにサルサパーティーに行き、やっと踊れるようになってきた。

サルサのパーティーやクラブで、初心者なりにリードができるまで3年。
気持ちよくリードができるようになるまで6年くらいかかったほどの出来の悪さ。

ひょんなことから、教えるほうになったとき、自分のこれまでの経験が生きてきた。
始めから簡単にできるような人にはわからない、初心者になるべく早くパーティーで踊れるようになるレッスンをしたいと思って実践しています。

【男性に考えなければいけない点】

パーティでは、1曲が3分半から5分(長いと6分越えることも)。
男性(リーダー)は、一曲の中で自分でやった技を覚えていて、何度も同じことを行うのをためらう。
せめて、1分くらいのルーティーンを覚え、身体にしみ込せられたら、すごく楽に踊れるようになる。
でも、簡単なことだけでは、つまらない。ちょっとだけかっこよくできるものも覚えたい。
技の引き出しを多く持ち、音楽を感じて、表現できるようになってほしい。

【女性に考えなければいけない点】

初めに受け手として、ベースとなる動きを覚える。
男性のリードをきちんと感じて、そのリードにこたえるフレームができるようになる。
しっかり反応できるようになったら、男性の空き時間や、自分の空いた手を利用して、自己表現する。
さらに、うまくなってきたら、レッスンでは初心者男性に逆リードで教えられるようになる。
音楽を感じて、自分を表現できるようになってほしい。

また、パーティーへ行くと、サルサダンスの他にも、バチャータ、キゾンバ、ズークなどの曲がかかり、みんな踊っています。しっかりとは教えられませんが、サルサ以外は、入門から初心者レベルまでを教えることで、他のレッスンに行ったときに、少しでも楽に入れるようにします。

構成は、

  • サルサON1入門・初級
  • サルサON1初中級
  • 日替わりサルサON1以外のミニレッスン
  • ミュージカリティレッスン

を行います。

こんなことを考えながら、ON1サルサレッスン(LAスタイル)を行いますので、初めての方から、初心者、技をもっと知りたい人、シェープアップなどに身体を動かしたい人、男性・女性付き合いが下手な人、仲間を作りたい人など、20代~50代オーバーの人、参加をお待ちしています。

連絡なしに来ていただければ大丈夫です。


by van.


ブログ カテゴリ